中学時代、部活ばかりに夢中になっていました。3年生の夏に引退し、漸く好きな人が出来ました。その人は同じ小学校の同級生で、中学は別々の学校に通っていました。話の流れで、簡単に交際に結びついたのですが、まだまだ恋愛というものが何かわかっていなかった私は手を繋ぎたい、会いたい、などという感覚があまりありませんでした。

ある日、小学生のころから仲の良かった女の子の友達に「彼氏が出来た、小学生のころ仲の良かった○○だよ。」と報告をすると、その女の子の友達は驚いた様子でした。少し舞い上がっていた私は、その子の真意にまだ気付いていなかったんです。
ダブルデートがしたいな、という感覚が出来、それに巻き込むように彼氏と女友達も知っている共通の男友達を女友達に紹介すると、二人もすんなり付き合うことになりました。

4人で遊ぶ回数は増すのですが、両カップルとも、何の発展もないまま高校生になったころです。
私は、彼の少し冷たい一面を見た瞬間に冷めてしまいました。そしてそのまま、何もしないままお別れをすることに。しかし、友達カップルは別れることなく関係が続いていました。

そんなある日、女の子の友達の家で、二人で話していると、女の子の友達が突然私にキスをしました。びっくりして何も言えなくなった私に、彼女はもう一度今度は少し深いキスをしてきました。「ごめんね」と言われましたが、それが初めてのキスだったので変に意識をするようになってしまいました。

それからというもの、男友達と女友達の距離が急接近したんです。見せつけるようにも見えて、私は距離を置くことにしましたが、それに気付いた女友達は突然「あなたが離れるなら別れる」と、私の目の前で彼氏に電話をし、彼に別れを告げました。
私は、その時に実感したのですが、この子のことを好きになっていたようです。だから、男友達に取られていく様子を見ていられなくなったのだとこのとき気付きました。

そしてその直後、女友達から「本当はずっと好きだったんだよ」と言われました。私は異性が好きな普通の女の子なんだと思っていたようで、私のことを好きな気持ちを押し殺すために彼氏を作ったと言っていました。
しかし、同じ性別なのに、何の違和感もなく、私は彼女の気持ちを受け入れました。

付き合い始めると、会いたい、手を繋ぎたい、一緒にいたい、という気持ちがとても自然に生まれてきました。そして、とても暖かい感情で、彼女といる時間は本当に幸せでした。

いろんな事情が重なり別れてしまったのですが、彼女のお陰で、人を愛することに性別なんて関係ないということを学びました。愛することって暖かいなって、今でも思って生きています。脱毛津田沼で検討している方はこちら

3年ほど前のお話です。
SNSで知り合った男性とお付き合いしていました。

私は真面目で硬派な男性がタイプでしたが、それとは真逆のタバコもギャンブルもするガタイの良いEXILEのHIRO似の男性でした。

そして彼は、バツイチ子持ちで子供は前の奥さんが引き取っているとのことでした。

普通こんな条件の男性を好きになることはないと思っていましたが、出会った時にバツイチ子持ちであることを伝えてくれたり、見た目の割に女性に対して一途なところなどまっすぐな一面がたくさん見られたので、私はすぐに好きになり、出会って1ヶ月でお付き合いすることになりました。

自分とは全く違う魅力のある彼にどんどんのめり込み、こんなに人を好きになったのは初めてでした。

しかし、私の思いが強すぎたのか付き合って3ヶ月ほどで彼は急に音信不通になりました。

連絡しても全く返事がなく、そのままフェードアウトされました。

友達に彼のことを相談すると、何も言わず去っていくような男は全然良い男じゃないから、別れて正解だよと言われましたが、それでも私は彼が大好きでした。

そんな中、今の主人と知り合い、少しずつですが彼のことを忘れるように努め、ほぼヤケで結婚することになりました。

本当に私には勿体ないぐらい素敵で優しい旦那様ですが、今でも彼のことを忘れることはありません。

これも私にとっての青春だと思い、今では良い思い出としています。

27歳 mamococco脱毛についてもっと知りたい方はこちら

私の初恋、それは20歳の夏だった。
夏休みを使って始めた短期の工場でのアルバイト。ライン作業を行う中、毎日私の目の前に立つ金髪長髪の彼。
見た目は軽そうだけど、周りに気が配れるとても優しい男性だった。
でも、私は知っていた。彼がその瞳でいつも見つめているのは、私の隣にたつ女の子。かわいらしくて守りたい女子No.1って感じのモテ女子。そりゃ、私が男でもその子を好きになるよ。
季節が夏から秋に変わったころ、彼と彼女は付き合いだした。彼女はいつも、「相談」と言う名の惚気を私に聞かせていた。作り笑いはもう限界。私は徐々に距離をとり離れていった。
雪が解け、桜が咲き始めたころ、まだ私は彼のことが忘れられなかった。彼女と彼は既に別れていた。彼女とは連絡を取っていなかったし、彼の連絡先は知らなかった。
汗ばむ季節になり、私は淡い期待をもって工場に向かう。彼は今年もここでアルバイトをしているかもしれない。
そこで目にしたのは、黒髪短髪の彼。見た目は全く違ったけど、相変わらず周りをよく見ている優しい彼だった。今度は逃さない。積極的につかみに行く!
結果は…玉砕。彼の目に私は映っていなかった。でも、想いを告げられただけで十分。この1年間の恋に幕を閉じる。長いようであっという間の1年間。次は両想いになる、そう誓った21歳の夏。

30歳 chanthihttp://yasepuro.com/

14歳の時に出会ったんです。その後の4年間ずっと思い続ける相手に。中2になって新しい教室に入ると、窓際に座っていたんです。優しい顔立ちの彼に一目で恋をしました。
なんとか彼と仲良くなりたいといろいろな算段をしました。友達に席を変わってもらって隣の席を確保したり、「バイバイ」が言えるように帰り道待ち伏せをしたり、バレンタインにチョコレート、誕生日、クリスマスとプレゼント作戦に出たり、という具合に、ほんとうにいろいろな策でハートを射止めようとしたのですが、どの策にも全く動じてはくれませんでした。
高校生になっても思いは積もるばかりでしたが、そんな時に私を好きと言ってくれる人は現れ、私の心は揺らいで、好きでもないその人と付き合うことにしました。内心、そうなったらヤキモチをやいてもらえるのではという気持ちがありました。
そんな時に二人で話す機会に遭遇し、「どうして私じゃダメなの。」と思い切って聞いてみました。彼の返事で完全に諦めることとなりました。「僕でなくてもいいじゃん。」
今考えてもあの時のガッカリ感は本当にきつかったです。エステタイムの割引とキャンペーン情報はこちら

私が18歳のときに、SNSで知り合った彼(19歳)と初めて会いました。
初めて会ったときは、一緒にご飯を食べた後すぐ解散しましたが、その後は何回もデートを重ねました。
私は彼のことが好きですごくいい関係性であったものの、付き合うことはありませんでした。
彼が23歳のときに、仕事の関係で県外へと転勤となり、それからはお互いに仕事が忙しくなって、あまり連絡をとらなくなってしまいました。
ですが、私が25歳のときに彼から「久し振り!転勤から帰ってきたよ!」と連絡が入りました。
それから一緒にご飯を食べることになり、帰り際に彼と初めてキスをしました。
私の方から、「キスしよう?」と言ったからです。
すごく緊張しましたが、彼のことが好きなので勇気を出して言いました。
キスをした次の日に、彼が付き合ってほしいと言ってくれて、付き合うことになり、現在に至ります。
今は同棲もしていて、婚約もしているのですごく幸せです。
イギ〜・27歳もっと詳しく知りたい方はこちら

25歳の時です。

気になる人がいて、彼も私が気になるようでした。
本当は告白したりすれば良いのですが、この微妙な関係が刺激的でもあり、小さな喜びに満ちていて、ずっと宙ぶらりんのままでした。

小さな事で彼が嫉妬してくれたり、好きでもない事を私に合わせて好きになってくれたり。

しかし一方で、彼はモテる人で常に周りに女の子がいました。
数々の彼は私を好き、なエピソードを持っていても、もしかしたら私も多数の1人かも、と思う時もあり、それも告白しない理由でもありました。

しかしある日、彼を含む知人と居酒屋さんで飲み、私と彼と彼の友達との帰り道での別れ際に急に抱きしめらました。

道の真ん中で、彼の友達もいるのにびっくりしました。

でも初めて抱き合うと、彼が細身に見えて割と肩や胸が大きくて男らしく、安心感がありました。

その後、私から告白し、付き合いました。
なんであの時急に抱きしめたの?て聞いたら、もっと一緒に居たくてつい。でした。
忘れられない思い出で、今では私の旦那さんです。

みかりん 30歳ストラッシュの割引キャンペーンはこちら

私が高校一年生の時の話です。よく地元のみんなで集まっていた公園に一つ上の彼から告白され付き合うようになりました。毎日一緒にいてかれこれ2年のお付き合いをしていました。
一年くらい経った時に彼が私の一番の友達と一緒にいるところを見てしまい、友達とも喧嘩、彼とは連絡を無視するようになりました。
やましいことはないもないとお互いから聞き、私の怒りも治ったので彼とは引き続き付き合っていました。
それからは高校生らしくプリクラを撮ったり夏休みは夜遊びしたりお祭り行ったり本当に今思えばすごく楽しかったです。
彼が高校卒業後、他県に行ってしまってからは連絡も取らなくなってしまい自然消滅してしまいました。
今思えば、高校生の時なにも考えず楽しい日々ばかり送っていたなと思います。
その人と付き合えて色々な思い出が出来、いろんな体験もしました。
私にとっては青春でしたね。
こんな私と二年間ずっと一緒に居てくれて大切にしてくれてありがとうと言いたいです。すぐに楽器を売る方法はこちら